脱毛と無印良品通販

RSS
12月
11

顎ニキビの地獄の日々

私は、今年の2月にニキビを発症しました。ストレスがその前から半年くらいたまっていたというのもあり、それが一気に2月になって爆発しました。
そこからは、鬼のようなスピードでニキビが顔中のあちらこちらに大量にできてしまいました。
顎ニキビの地獄の日々
あれは、普通のニキビではなかったと思います。
あずきくらいの大きさのニキビで、顔の輪郭が変形しているのが一目でわかるほどに、すさまじく荒れていました。そこから私はこれは、危ないとおもい、皮膚科にいくことにしました。
ディフェリンゲルなどを使って徐々に症状が落ち着いてきました。
しかし、襟が当たったりするとものすごく痛かったのを覚えています。
そして、風呂上がりの、タオルで体を拭くときには、顔の部分が本当に痛すぎて、拭けないくらいでした。それくらいものすごく痛かったです。
アメリカ版のプロアクティブも試しに使いましたが、刺激が強すぎてやめましたし、独特の臭いが肌からしているのがわかりました。
今は、刺激の弱い、化粧水を使っています。今は、大分収まってきましたが、赤みはいまだに減りません。徐々に消えていってるのですが、これは昔に比べたらなので、普通の人から見たら、少しはだ赤いなと感じるくらいではないでしょうか。
しかし、2月から7月くらいまでの地獄の日々を過ごしてきたので、今はまだ普通の生活で、ちょっとした刺激で痛くならないことは、幸いと思っています。
一刻もはやく顎ニキビ解消して、快適に暮らしたいです。

 12月 11th, 2016  
 w_admin  
 美容  
   
 0 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です